フォト
無料ブログはココログ

2011年10月25日 (火)

あれから半年

なんか思い出したように書いてるな~

全然、更新してないのに、たまに見てる人がいる・・・。不思議だ。

ところで、サラリーマン生活半年でもあるんだが、江東区以外に出てる時間が多く、なんだが新鮮・・・。

そんななか久しぶりにしたのが、「映画を観ること」。

「ツレがうつになりまして」をゆったり観てしまった・・・。

議員時代の最後の質問で、うつ病の質問をしたので、なんだか懐かしくて観ちゃいました。

内容はネタバレになるので書きませんが、映画としてはう~ん。って感じかな?主演二人は良かったけど。

ただ、うつ病を理解するには、ちょうど良いかなという感じですかね。

邦画ばっか観てるので、たまには洋画もみようかな~。

2011年6月 2日 (木)

あれから1カ月

区議会議員選挙が終わって約1カ月経過しました。

あれから1カ月。

色々と考え、動き、今後の方針を決めました。

紆余曲折があり、ご迷惑を掛けた方々には申し訳ありませんでした。

まず、1つめの報告は仕事が決まったことです。

介護保険の請求システムの会社です。今後は介護施設や高齢者のための住宅など、幅広い分野での仕事となります。

また、合わせて財団法人霞が関政策研究所の評議員も、兼ねることになりました。こちらは仕事というよりは、今までの政策研究の延長線です。

2つ目の報告は今後の政治活動です。

結論から言えば、一旦、政治の世界から離れます。

ちょうど今、国会では内閣不信任案の採決が行われていますが、離れて政治の世界を見ると違ったものも見えてきます。

当面、7年ぶりのサラリーマン生活をしていきたいと思います。

仕事場は青山です。似つかわしくない場所ですが、視野を広げるためにも頑張っていこうと思います。

色んな方にご心配かけましたが、山口正弘は元気です。今後ともよろしくお願いします。

2011年4月28日 (木)

ありがとうございました。

選挙が終わり、落選という結果となりました。

応援して頂いた方には、本当にありがとうございました。

ご報告が遅れて申し訳ありません。

今後の事は、すべて白紙ですが、決まり次第報告したいと思います。

        山口マサヒロ

2011年4月16日 (土)

明日から始まります。

いよいよ、明日から区議会議員選挙が始まります。

いつものように、ブログの更新は明日から出来ません。

今回の選挙は震災後でもあり、今までとは違った雰囲気で始まりそうな感じです。

しかし、私は今までどおり、選挙カーを使わず、防災について訴えていこうと思います。

詳しい内容はホームページを観て頂ければと思います。

http://www.m-yamaguchi.com/

最後にひとつだけ想うことは、私は、今回の任期中最後の本会議の質問に「続・地域防災計画の総点検」を取り上げました。

そして、冒頭に大震災の可能性を示唆し、防災対策の成果は、実際に起きた場合である。という始まりで質問をしたことです。

その半年後、このような大震災が起きたことに、非常に複雑な気持ちです。

被災地の早い復興を願い、そして江東区の災害対策を、今後とも続けていきたいと思います。

2011年4月14日 (木)

記者発表その後

昨日の取材を受け、いくつかのメディアに取り上げられました。

朝日新聞と東京新聞夕刊

そして、テレビのTOKYOMXニュース。

http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/201104138.html

すると、テレビには私の後ろ姿が・・・。

4年前に読売新聞に載ったときも、後ろ姿で分かりましたが、今回もさすがに分かります。

ところで、「NO!選挙カー推進ネットワーク」のHPを載せるのを忘れてました。こちらです。

http://no-senkyo-car.com/

2011年4月13日 (水)

記者発表

今日、「NO!選挙カー推進ネットワーク」の記者発表がありました。

久々に江東区を離れ、有楽町で発表のビラ配りです。

072

NHKを始め、テレビ局や新聞各紙の方が取材に来られてました。

075

写真は取材を受ける伊藤ゆう都議会議員。

選挙が近いので統一地方選挙の候補予定者は顔映りませんよ~と釘を刺されました・・・。

結局、前回の選挙は10人余りだった賛同者は今回は50人を超えました。

そして、先週の開票日では8人中5人が当選しました。

震災とは関係なく進めてきた運動ですが、「選挙」が変わらなければ「政治」が変わらない。という思いはますます強くなっています。

そして、最後は今日の参加者でパチリ!

083

2011年4月12日 (火)

ポスター替えました。

余震が続いています。以前にも書きましたが、持続可能な警戒をお願いします。

さて、以前から街中に張っていたポスターですが、このたび替えました。

今のポスターは4月17日以降は張れないので、「民主党」のポスターから「NO!選挙カー推進ネットワーク」になりました。

今回から、というわけではないんですが、「連呼」より「政策」の選挙を目指し頑張ります!

__

2011年3月29日 (火)

選挙カー

選挙カーを使うかどうかで迷っているそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000018-mai-soci

ガソリンを使って、名前の連呼をすることに躊躇している候補予定者がいるそうです。

しかも、選挙カーを使わなければ政策が訴えられない、と迷っているそうですが、元々、走りながら政策は訴えられません。

私は最初から選挙カーを使っていないので、特に悩みませんでした。

そして、今回の出来事を期に、議会全体で選挙カーを使わないことも提案しましたが、結局、個別に判断することになりました。残念です。

あえて、もう一度私が入っている「NO!選挙カー推進ネットワーク」の三大原則を載せておきます。

ぜひ、他の候補予定者の方にはご参考にして頂ければと思います。

①車にスピーカーを設置しない。

②車中から音声を発しない

③選挙カーに支払われる公費負担(最大約24万円)を請求しない。

2011年3月25日 (金)

放射能について

すでに、解除されていますが、東京23区を含める地域で、乳児に対して水道水を控えるよう東京都からの発表がありました。

江東区でもミネラルウォーターを配るなどの対策をしています。

そして、野菜などにも出荷制限、摂取制限などの措置が取られています。

今回、驚いているのは、東京の人の放射能に対する、知識について少なさと誤解です。

私は広島で生まれ、18歳までいましたが、東京で「広島生まれ」と言うと、たまにこう言われました。

「それは、両親や親せきは原爆で苦労されたんじゃないですか?」と。

私が生まれたのは爆心地から、100キロ近く離れており、両親もほぼ一緒です。なので、原爆の被害は全くありません。また、親せきにも知ってる限り、被爆者はいません。

子供の頃、学校で原爆のこと、放射能のこと、被爆者の語り部さんからの話はよく聞いてました。

だからこそ、今回の放射能漏れについては冷静に構えています。

今、農家の方が風評被害で苦しんでいます。制限以外の品目についても買い控えが起きています。

もちろん、正しい知識で対応して欲しいのですが、もしも、これがエスカレートすれば次の問題が広がっていきます。

あまり、新聞記事は引用しませんが、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000099-san-sociのようなことが起きています。

原発から60キロも離れたところへも乗車を断るタクシー。

福島から来た人を宿泊を断る旅館。

これらは、広島の原爆の後にも起きた人災です。

広島というだけで、触れると病気がうつると言われ、広島には今後100年間、何も植物は育たないなどのデマが広がりました。

放射能という初めての恐怖を感じるのは分かります。しかし、天災を人災にしてほしくはありません。

正確な情報で対応をお願いいたします。

2011年3月19日 (土)

更なるお願い

大震災が起きて1週間が過ぎました。

更なるお願いです。

東京に今後25年間で、マギュニチュード7.3の地震が起きる確率は70%以上です。

これは、今回の震災後に出たものではなく、平成17年に国の中央防災会議で発表されたものです。

今回の震災で警戒、備蓄、支援が続いています。

お願いは「持続可能な警戒」です。

阪神・淡路の震災の際も警戒・支援がありました。しかし、時間がたてば警戒・支援するほうも疲弊していきます。

また、その後に起きたオウム真理教の事件で、被災者への支援も少なくなりました。

ぜひとも、持続可能な警戒・支援をお願いします。

«区議会議員として