フォト
無料ブログはココログ

« 寒い・・・。 | トップページ | 秘書として・・・。 »

2006年9月27日 (水)

ワーキングプア

最近、天気の話が多いのでたまには政治の話題でも。

タイトルにあるワーキングプアですが、最近よくテレビでも取り上げられてますね。簡単に説明すると、働いても働いても収入が上がらず、将来の生活設計に苦しんでいるような人です。これには色々なパターンがあるそうですが、若い人の場合、派遣社員になり、キャリアを積むことも出来ず、年収も上がらず、年齢を重ね体力的にも厳しくなっていき、30歳代でも年収300万に届かず苦しんでいるようです。

私は28歳ですが、実は友人にこの状態になっている人がいます。彼は東京ではなく地方なのですが、地方の大学を出て地元の企業を就職希望していました。しかし、当時はまだ不況のど真ん中で、なかなか就職が決まりませんでした。卒業して、両親からもとりあえずアルバイトではなく、どこかに就職が決めて欲しいと言われ1年契約で派遣会社に就職しました。

派遣会社はアルバイトより収入があり、またバイトではなく就職であることが大きかったようです。彼もいつかは、また別の企業に正社員として就職を目指していたようでした。

しかし、現実は人数が足りない各工場に回され、経験と言えるほど腰を据えての仕事はなく、まさに人数合わせのような環境で働いていたそうです。そのため、会社の上司の彼を評価するようなこともなく、当然収入も変わりませんでした。

結局、3年ほどがたち会社を辞めて別の就職を探そうとしました。しかし、まず、両親からの反対にあいました。つまり、「石の上にも3年」で「頑張ってれば、誰かが見てくれてる」という言葉でした。しかも、別の就職を探そうにもキャリアの無い彼にはやはり派遣会社しか話がありませんでした。

私自身、派遣会社を関連会社に持つ企業にいましたが、「頑張ってれば、誰かが見てくれてる」というのは、現実には無かったと思います。なぜなら仕事先は派遣先であり、見ているのは自分の会社ではありませんし、派遣先からも「何人ちょうだい」のひと言です。

現在、景気が回復したという話がありますが、それは製造業においては中国の安い人件費に対抗するため、派遣業法を改正し、このような人々を犠牲にして成り立ってはいないでしょうか?

私はいくらGDPや日経平均株価の数値が上がったとしても、それが人の幸せにとってなんらプラスになるとは思いません。人が幸せを感じるのは彼のような人物が努力した時に認められ、将来の夢を描き、結婚をすれば子供を笑顔を見た時ではないでしょうか?

« 寒い・・・。 | トップページ | 秘書として・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149451/3604932

この記事へのトラックバック一覧です: ワーキングプア:

» ワーキングプア [派遣社員と派遣会社などなど…]
突然のトラックバック失礼します。よろしければワーキングプアについて情報交換しませんか? [続きを読む]

« 寒い・・・。 | トップページ | 秘書として・・・。 »